保湿じゃ足りない?お尻のニキビにはピーリングがおすすめ


保湿じゃ足りない?気になるニキビにはピーリングがおすすめ

皆さんはおしりニキビができてしまったときはどのようにケアをしていますか?
食生活に気を付けたり、保湿をしてみたり、ひどい場合は市販のクリームや皮膚科などで処方される薬を使うといった方が多いのではないでしょうか?

しかし、お尻は顔や背中など、他の身体の部位と比べて皮膚がとても分厚い部分です。
皮膚が分厚いということは皮脂や汗が毛穴に詰まりやすく、角質が固くなる部分でもあるので、ニキビが治りにくく、にきび跡にもなりやすくなるのです。
今回はお尻の角質を柔らかくするために、自分でできる方法として、「ピーリング」という方法をご紹介します。

黒ずみ対策にも!ピーリングのやり方

「ピーリング」とは専用のピーリング石鹸やジェルなどを使って古い角質をとり、肌を柔らかくするという美容法です。
ピーリングはターンオーバーなど肌の活動を促し、健康な皮膚を保つことができます。
肌の色を明るくしてくれる効果もあるので、ニキビだけでなくにきび跡や黒ずみにも効果がある方法なのです。

ピーリングは、週に1回程度を目安に行うのが効果的です。
また、ピーリングをした後の肌は乾燥などの刺激を受けやすいので、必ず保湿をするようにしてください。

また、ピーリングにはおしり専用の角質ケアジェルを使うことをおすすめします。
これらは肌を傷つけないことに徹底して作られているので、、使い心地がやさしく、肌馴染みや伸びが良いのです。
「プラセンタ」などの保湿成分も配合されている商品を選べば、角質を取るだけでなく、肌をなめらかにもしてくれますよ。

Posted: 木曜日, 7月 21st, 2016 @ 12:59 PM
Categories: 足痩せについて.
Subscribe to the comments feed if you like. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.